相続税対策に養子縁組は時代遅れ、相続税対策専門の税理士が解説します。

会社案内
代表者プロフィール
メディア出演・制作協力
不動産は時代遅れの対策
自社株対策の限界
自社株対策が簡単ではない理由
自社株の株価を引き下げる
自社株の株数を減らす
相続税の納税資金を確保する
医療法人対策の限界
海外移住は幼稚な節税対策
プライベートバンクの世界へ
養子縁組を利用した相続税対策はうまくいくのか?
高額所得者のための 所得税の節税
相続税対策ブログ
養子縁組を利用した相続税対策はうまくいくのか?
相続税の節税のために、養子縁組を勧められることがあります。
養子縁組をすることで、本当に相続税の節税になるのでしょうか。
養子縁組をすることによる相続税のメリット
相続人が増えますと、次のような相続税を減らす効果があります。
(1)相続税の基礎控除(非課税枠)が増える (2)生命保険金の非課税枠が増える (3)死亡退職金の非課税枠が増える
養子縁組を利用することで相続人が増えますので、確かに相続税の節税にはなります。
しかし、次のようなデメリットもあります。
養子縁組をすることによる相続税のデメリット
養子縁組をすることにより、相続税について次のようなデメリットがあります。
(1)遺産分割がまとまらず、相続税法で認められている相続税を優遇する制度が使えない可能性がある (2)孫を養子にすると相続税が20%増 (3)相続税の計算上、養子が認められないことも
(1)遺産分割がまとまらず、相続税法で認められている相続税を優遇する制度が使えない可能性がある
相続税の節税のために養子縁組をする場合、

・長男の妻を養子にする
・孫を養子にする

といったことが考えられます。

実子が2人以上のときは、養子縁組を利用した相続税対策は注意が必要だと経験則から感じます。
もし、実子が2人以上のときに養子縁組をするときは、他の親族(将来の相続人)の了解を得ることをお勧めします。

相続税法には、相続税の負担を軽くするために、相続税を優遇する制度がいくつかあります。
この相続税を優遇する制度の中には、相続税の申告期限までに遺産分割が終了し、相続税の申告書を提出することを条件としているものがあります。

「養子縁組をしていることを知らなかった」などになりますと、遺産分割が相続税の申告期限までにまとまらない可能性があります。
遺産分割が相続税の申告期限までにまとまらない場合、この相続税を優遇する制度を利用することができません。

このようなことになれば、養子縁組をすることによる相続税の節税効果よりも、相続税の優遇制度を受けられないデメリットの方が大きくなります。
(2)孫を養子にすると相続税が20%増
相続税法には、次のような規定があります。

相続又は遺贈により財産を取得した者が被相続人の一親等の血族及び配偶者以外の者であるときは、その者に係る相続税額は、その者の相続税額に100分の20に相当する金額を加算します。

養子は、民法上一親等の血族にあたりますので、20%増しにはなりません。

しかし、平成15年の税制改正において、孫養子は一親等の血族に含めないことになりました。
これにより、孫養子の相続税は20%割増されることになりました。

孫を養子にするときは、むしろ相続税が増えてしまう可能性があります。
(3)相続税の計算上、養子が認められないことも
民法では、実子であれ養子であれ、法律上区別されることなく「親子」となります。

相続税法では、実子がいる場合には1人、実子がいない場合には2人を法定相続人の数に含めることができます。

相続税法では、養子を法定相続人の数に含めることで「相続税の負担が不当に減少させる結果となる」ときは、養子の数を法定相続人の数に含めないで、相続税を計算することになっています。

例えば、子供の配偶者や孫を養子にするようなことは、あまり問題にはならないと思いますが、第三者や遠い親戚などを養子にする場合には、養子にする合理的な理由が必要となるでしょう。

もし、合理的な理由がないと判断されますと、単純に相続税を少なくするための養子である(租税回避行為)とされ、養子の数を法定相続人の数に含めないで相続税を計算することになります。

(1)遺産分割がまとまらず、相続税法で認められている相続税を優遇する制度が使えない可能性がある
民法上の養子
民法では、何人でも養子縁組をすることができます。
血縁関係がなくても、法律上「親子」とされますので、相続の権利も実子と同じとなります。
法律上の親子関係は、「離縁」をすることで、解消することができます。
相続税法上の養子
民法での養子は、無制限に増やすことができます。
しかし、相続税法での養子では、法定相続人の数にカウントとする養子の数に、次のような制限をしています。

・被相続人に実子がいるときは、1人まで
・被相続人に実子がいないときは、2人まで
相続税対策についてのお問い合わせはこちら
相続税対策の常識を変える税理士による新時代の相続税対策
株式会社ファミリーオフィスコンサルティング
代表取締役 税理士 長嶋佳明
東京都渋谷区恵比寿4丁目20番3号 恵比寿ガーデンプレイスタワー18階
TEL : 03-5789-5939  FAX : 03-5789-5938